発毛をうたえるミノキシジル育毛剤、育毛までしか表記できない天然系育毛剤

ミノキシジルとはAGA(男性型脱毛症)の治療薬として使われる医薬品

ミノキシジルとはAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。AGA(男性型脱毛症)とは20代~50代の男性に多く見られる脱毛症で簡単に言うと、髪が薄くなってしまう症状がでます。ミノキシジル配合の市販の育毛剤として有名なのは大正製薬の「リアップ」です。ドラッグストア等で誰でも気軽に購入できるリアップの主成分はミノキシジルです。

AGA治療薬といえば、プロペシアが有名ですがプロペシアが「抜け毛の防止」に効果のあるAGA治療薬であるのに対してミノキシジルは「発毛」に効果のあるAGA治療薬であると言われています。

Business_Man_Office_Office_Scene_For_Web_af9980008161

「発毛効果」が認められているミノキシジルの主な効果

ミノキシジルの主な効果は「発毛」です。

多くの天然系の育毛剤は、「医薬部外品」で、発毛ではなく育毛効果と表記されています。

では、なぜミノキシジルは「発毛」に効果があるのでしょうか。
ミノキシジルは、初めから発毛のための薬として開発されたわけではありません。元々は、アメリカで血管拡張に効果のある高血圧の人に対する薬として開発されたのですが、ミノキシジルを使用していた患者に副作用として育毛・発毛の効果が見られたため、その後AGA治療薬としての販売が始まりました。
なぜ、ミノキシジルは「発毛」に効果があるのかという断定的な答えはないようですが、血行を良くするので頭皮の血行が良くなり、髪の毛に栄養が行きわたることと、毛髪の成長をつかさどる毛包の細胞を大きく深く成長させるため、細く軟毛になった髪の毛を太く長くさせる働きがあるのではないかと言われています。

ミノキシジルの育毛剤と飲むミノキシジル

「リアップ」などドラックストアでも入手できるミノキシジル配合の育毛剤は、頭皮などに塗る外用薬が多いのですが、頭皮のかぶれやミノキシジルが吸収されにくいというデメリットがあります。では、ミノキシジルの内服薬はないのかというと、厳密に言えばありませんが、ミノキシジルタブレットと呼ばれる内服薬があります。ミノキシジルタブレットは個人輸入をすることが可能な商品ですが、ミノキシジルタブレットは、発毛・育毛の薬ではません。あくまでも高血圧の人用の高血圧を改善する薬です。

確かにミノキシジルタブレットは内服薬ですので、頭皮に塗るタイプの外用薬と比べて吸収率は良いです。しかし、やはり安全面、副作用のリスクを考えればおすすめできません。

ミノキシジルの特有の副作用と言えば低血圧

ミノキシジルには、副作用があります。ミノキシジルの特有の副作用と言えば、低血圧になってしまうという副作用があります。前述したようにミノキシジルは血管を拡張することで血行を良くし高血圧を改善する効果があります。ですから、血圧が高くない人がミノキシジルを使うと、逆に低血圧になってしまうということがあります。
また、頭だけに発毛・育毛効果が現れて髪の毛がふさふさになれば、ただただ嬉しいだけなのですが、胸毛、ひげなどが異常に発育してしまい、所謂「毛深い人」になってしまうという副作用もあります。重篤な副作用としては、症例は少ないのですが心不全などの副作用もあるようです。

女性にも濃度が薄いものは使用できますが、内服や高濃度のミノキシジルは使用できないと言われています。

そのため、臨床データも少ない女性の場合は、女性用の育毛剤をうたっている商品がよいでしょう。参考:女性育毛剤比較サイト

ミノキシジルは「発毛」を促進する成分

ミノキシジルは、「発毛」を促進する成分です。

副作用のリスクはありますが、統計的に見ても「発毛」に対する効果という面では優れているAGA治療薬と言えるでしょう。

AGA治療の専門クリニックなどでは一般的に抜け毛を予防するフィナステリドと発毛を促進するミノキシジルの両方を処方して治療することが多いです。

一方で、多くの副作用のリスクがある成分でもあると言えます。とは言っても、その割合はそこまで高くないので、ミノキシジルの副作用をリスクが高いと考えるか、気にするほどでもないと考えるかは人それぞれであると言えます。

副作用が気になる方は例えば、「リアップ」のミノキシジル1%配合などミノキシジルの量が少ない育毛剤を使うのも良いかもしれません。

様々なミノキシジル濃度の育毛剤があり、例えば、ミノキシジル育毛剤ポラリスではミノキシジル濃度16%といったものもありますので、どの育毛剤がよいか比較検討するようにしましょう。

それでも医薬品が気になるという場合は

薬を長期に使うのは抵抗がある。。。そういう人も多いのも事実。

そのため、ミノキシジル系育毛剤以外は、化粧水や乳液のように、天然の成分を組み合わせて育毛効果を発揮する育毛剤が多くあります。

ミノキシジルやプロペシアといった薬は効果が明白でシンプルな構成ですが、天然系の育毛剤は種類も多く、効果に個人差もあるため、トライアンドエラーを繰り返して自分に合ったものを見つける必要があります。