AGA治療薬 プロペシアについて

AGA治療に使われる一番の選択肢として、ミノキシジル配合の育毛剤を選ばれる事があります。
薬局でも購入でき、テレビCMでも宣伝されているため、多くの方は壮年期の薄毛が始まると育毛剤を使われている事が多いようです。

ミノキシジルだけでは難しい

ですがミノキシジル配合の育毛剤だけでは、薄毛の原因そのものを取り除く事ができないため、目に見える発毛効果が得られるのは難しい場合があります。

薄毛の原因そのものを取り除くには、プロペシアといったフィナステリドを有効成分とする経口育毛剤を使用する必要があります。
プロペシアの有効成分であるフィナステリドはノコギリヤシを化学合成したもので、5α還元酵素阻害薬としてAGAの原因であるジヒドロテストステロンを作らせないようにする薄毛の原因物質の抑制効果があります。

ジヒドロテストステロンは毛乳頭細胞内にある男性ホルモンと結合すると、成長期である毛髪が退行期や休止期になってしまいヘアサイクルの成長期を短くしてしまうため、髪が細く弱くなり、抜け毛の原因となるのです。
AGA治療には、まずはプロペシアを使って薄毛の原因物質を抑制してから、ミノキシジル配合の育毛剤で頭皮の血流を良くして毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化して、発毛因子を刺激することによって発毛を促進していくのが効率的で確実に効果があらわれるAGA治療です。

プロペシアで効果が出ないときは医師に相談

プロペシアを6ヶ月以上使用しても薄毛に改善が見られない時は医師に相談してください。
プロペシアで効果があらわれないという事は、AGAではない他の原因が考えられるためです。

プロペシアを使用し始めると、乱れたヘアサイクルが正常に戻るまでの間にいつもより抜け毛が多くなる初期脱毛が見られる事があります。
ヘアサイクルが戻ると自然に抜け毛も減ってきますので、心配せずに使用しましょう。