男性型脱毛症AGAの2つの治療薬について

AGAとは男性型脱毛症のことを指し、男性ホルモンと大きな関係がある男性特有の脱毛症状です。
原因は5αリダクターゼが男性ホルモンの1つであるテストステロンと結合して生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)とされています。

フィナステリドはこの5αリダクターゼとテストステロンが結合することを抑える働きがあり、その結果DHTが生成されることを防ぐことでAGA治療に効果的とされているのです。

フィナステリドとミノキシジル

フィナステリドは抜け毛を抑えてヘアサイクルを正常に戻すことを促す働きのある成分であり、発毛自体にはあまり効果はありません。
抜け毛が多くなり始めたと気づいた人はまず食生活や生活習慣を見直しながらフィナステリドを長期的に続けてみるといいでしょう。

一方でよく耳にするミノキシジルは発毛を促進する働きがあります。
そのためかなり抜け毛が進行したという人はフィナステリドとミノキシジルを同時に服用することで、失った髪が豊かに戻る可能性が高いのです。

フィナステリドはAGAを抑える働きのある成分の名前であり、薬の名前、つまり育毛剤の商品名ではありません。
日本で承認されているフィナステリド錠はプロペシアのみであり、1錠にフィナステリド1mgが含有されています。

そのほかインドのシプラ社が販売しているフィナステリド錠のジェネリックとしてはフィンペシア、フィンカー、エフぺシアがあり、通販でプロペシアよりも安く購入することが可能です。
フィナステリドの副作用としては性欲減退や勃起不全など性に関するもの、男性ホルモン減少に係るとされるうつ病などの精神疾患、それに服用し続けることによる肝機能障害などがあります。

いずれも発症頻度としては低いとされていますが、フィナステリドは飲み続けると半永久的に続けなければならない薬ですから注意が必要です。。